当事務所では、ストラクチャード・ファイナンス、コミットメントライン契約、各種ノンリコース・ローン、スワップ等の各種デリバティブ、プロジェクト・ファイナンス等の案件に取り組んでいます。また、金融機関(銀行、信託銀行、生命保険会社、損害保険会社、証券会社等)のクライアントの皆様の日常のコンプライアンス、商品開発案件等にも関与しております。さらに、企業買収に関わるシニアローン、メザニンローン、劣後社債、優先株式などのファインナンス、新規株式公開等のエクイティ・ファイナンスについて関与する機会が増えてきました。

また、当事務所では、主として不動産に関する証券化、流動化案件(開発案件、J-REITを含む。)等に関与しています。すなわち、匿名組合、信託法、信託業法、資産流動化法(SPC法)その他の制度を利用したものに取り組んでおり、アレンジャー、オリジネーター、受託者(信託銀行)、レンダー、SPC、流動性補完者(金融機関等)、格付機関、投資家等多様なクライアントの皆様のために、ストラクチャー構築、リスク分析(利益相反リスク等を含む。)、SPCの設立、関連契約のドラフティング又はドキュメンテーション、関連交渉、関連法令調査、意見書作成等、さまざまな業務に従事しております。この不動産の証券化、流動化等に関しては、関連法令の立法、法制度の整備等にも関与しております。




ENGLISH SITE