トラブルシューティング IT契約のレビューの仕方(SMBCコンサルティング)【9月20日(木)】

契約の基本から裁判例にみる実務上の留意点まで

トラブルシューティング IT契約のレビューの仕方

~民法改正の影響を踏まえた契約実務の対応ポイント~

 

【概要(狙い)】
 IT契約においては、IT技術に関する専門的な概念に対する理解と、様々な特別法や裁判例をベースとした実務的知識が求められます。また、トラブルが発生した場合に、和解で「手を打つ」のか、訴訟にするのかといった判断をする際には、これまでに蓄積された裁判例に対する理解が不可欠です。本セミナーでは、様々なIT契約について、契約のレビューのポイントからトラブルシュートまで、IT用語、法的概念、裁判例に基づいた実務的な解説をします。

 

【プログラム】
1.ITシステム開発委託契約
 1)総論
  ・多段階契約と一括契約の違い
  ・請負と準委任はトラブルになったときにどのような違いを生むか
  ・民法改正の影響と契約実務
 2)上流工程におけるトラブルシュート
  ・裁判例からみる「勝ち負け」のポイント
  ・契約書に反映しておくべき点
 3)下流工程におけるトラブルシュート
  ・裁判例からみる「勝ち負け」のポイント
  ・契約書に反映しておくべき点
 4)システム完成後におけるトラブルシュート
  ・代金の支払いを拒める場合と拒めない場合
  ・民法改正の影響と契約実務

2.システム保守契約
  1)個人情報保護法・マイナンバー法の解釈とシステム保守契約のポイント
  2)契約書に盛り込むべきポイント
  3)委託先から情報漏えいが発生した場合のトラブルシュート

3.クラウド利用契約
 1)IT用語と概念の整理
 2)契約書レビューのポイント

4.EコマースやEDI取引の契約
 1)判例をベースにした契約の成否の考え方
 2)契約書や利用規約のポイント

5.ライセンス契約、代理店契約
 1)IT用語と概念の整理
 2)契約書レビューのポイント

 

【お申し込み】
下記のSMBCコンサルティング様のページからお申し込み下さい。
https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/business/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2018/09/20182087-01.html

ENGLISH SITE