• expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

井上治弁護士が、金融財務研究会主催のセミナーにおいて、不動産再開発の法的リスクに関する講演を行いました。

2017.5.23 | 講演・セミナー

井上治弁護士が「不動産再開発の法的リスク」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 金融財務研究会

日時: 2017年5月23日(火)13:30~16:30

会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム

講師: 弁護士 井上 治

 

不動産再開発の法的リスク

~土壌汚染・地中障害物、建築瑕疵等に関する予防法務~

 
 現在の不動産再開発を巡る状況として、2020年の東京オリンピック開催に向けた動きや、高経年マンションの増加に伴う建替えに向けての動き、あるいは、工場の集約や海外移転に伴う工場跡地の開発に関する動きなどがある。
 多くのプロジェクトの中には、豊洲移転問題などでみられるように、土壌汚染リスクが現実化し、事業の遅延やコスト増加が発生したり、最悪の場合、事業中止に至ったりするようなケースも出てくる。
 建物建築の過程で深刻なリスクが健在化し、マンション分譲後にも関わらず建築確認が取り消されたり、後にマンションの建替えが必要となったりする事案も相次いでいる。しかし、不動産再開発の過程で紛争となった様々な例を見てみると、典型的に発生するリスクには一定の傾向があることが分かる。
 本講座では、不動産再開発に携わる実務家の方向けに、不動産再開発に伴いやすい法的リスクを概観した上で、その中でも深刻化しやすい土壌汚染・地中障害物や建築瑕疵に関する問題点を例に、実際の実例に基づいて解説するとともに、どうすれば効果的にリスクを予防できるのかについて、分かり易く解説する。
 
1.不動産再開発と法的リスクの概観
 (1)不動産デューデリジェンス(法的調査・物理的調査)
 (2)不動産取得・賃貸借交渉
 (3)マンション建替え
 (4)再開発の事業手法(容積率緩和、区画整理、市街地再開発)
 (5)建築紛争・近隣住民との紛争
2.土壌汚染・地中障害物
 (1)土壌汚染・地中障害物に関する法的リスク
 (2)契約交渉(紛争予防のための契約のまとめ方)
 (3)問題が発生した場合の交渉術(トラブルの深刻化を避けるためのポイント)
3.建築瑕疵
 (1)建築瑕疵に関する法的リスク
 (2)契約交渉(紛争予防のための契約のまとめ方)
 (3)問題が発生した場合の交渉術(トラブルの深刻化を避けるためのポイント)
4.まとめ

ENGLISH SITE