• expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、東京商工会議所主催のセミナーにおいて、マイナンバー法に関する講演を行いました。

2015.7.16 | 講演・セミナ-

影島広泰弁護士が、「マイナンバー実務対策講座~業務フローと社内規程の作り方~」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 東京商工会議所

日時: 2015年7月16日(木)9:30-13:00、14:00-17:30

会場: 東京商工会議所

講師: 弁護士 影島広泰
 

マイナンバー実務対策講座〔経営者および法務担当者向け〕

業務フローと社内規程の作り方

 

・2015年10月の番号通知が迫り、民間企業におけるマイナンバー法対応が急務です。
・マイナンバー法の基本的な知識があることを前提に、業務フローの作り方と情報管理体制の構築方法、外部へ委託する際の実務等を、社内規程や契約書のサンプル等を示しながら具体的に解説します。
 
~業務フローと社内規程の作り方~
1.マイナンバー制度と社内事務
 ・個人番号の記載が求められる社内事務とは
 ・「個人番号」「特定個人情報」を取り扱う際の留意点
2.マイナンバー法に対応すべき社内事務の業務フロー構築のポイント
 ・マイナンバー法対応の「3ステップ」とは
 ・本人確認に関するポイント
 ・遠隔地や大量の従業員の本人確認の方法
 ・扶養家族等から提供を受ける実務
3.「税務」と「社会保険」の帳票ごとの取り扱い方法
4.マイナンバー法に対応した情報管理
 ・個人情報との一番の違いとは
 ・委託先に対する「必要かつ適切な監督」とは
 ・個人番号を取り扱う事務の範囲、事務取扱担当者等の明確化
 ・社内規程の作り方
 ・「取扱区域」で必要となる措置とは
 ・記録を残さなければならない事項とは
 ・削除の考え方
 ・「特定個人情報保護評価」(PIA)に基づく管理体制のポイント
5.今後のロードマップ

ENGLISH SITE