• expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、JIPDEC主催のセミナーにおいて、改正個人情報保護法実務対応に関する講演を行いました。

2017.6.15 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「改正個人情報保護法実務対応セミナー」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 一般社団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

日時: 2017年6月15日(木)14:00~16:30

後援: 日本商工会議所、東京商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、独立行政法人中小企業基盤整備機構

会場: JJK会館 2階多目的ホール(東京都中央区築地4-1-14)

講師: 弁護士 影島 広泰

費用: 無料
 

中小企業向け「改正個人情報保護法実務対応セミナー」

-改正法の全面施行を受けて中小規模事業者は何を行えば良いのか?-
 
個人情報保護法の改正により、個人情報の取扱い件数の大小に関わらず、すべての業種・形態の企業、いわゆる顧客情報を扱わず従業員情報のみを持つ小規模の会社や個人商店なども法の規制対象となります。

5月30日の法の全面施行を受け、個人情報保護委員会は「個人情報保護法の5つの基本チェックリスト」として、「取得」「利用」「保管」「提供」「開示」を掲げ、特にこれまで法の適用除外であった小規模事業者に向け、適切な対応を求めています。

今回のセミナーでは、自社が扱う個人情報の「取得」「利用」「保管」「提供」「開示」の準備から実務対応に向け、どのようなことに注意が必要かを含め、解説します。

あわせて、企業が持つ個人情報や企業情報の漏えい、不正利用等の事故を未然に防ぐための情報管理の重要性と、企業が体制を構築・実践していることを見える化(証明)する手段としての第三者認証制度活用の意義についてご紹介します。

ENGLISH SITE