• expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が執筆した、ベネッセ事件最高裁判決に関する解説記事がビジネス法務に掲載されました。

2018.2.21 | 著作・論文・記事等

影島広泰弁護士が執筆した「ベネッセ事件最高裁判決(平29.10.23)にみる情報管理の教訓」と題する記事が、ビジネス法務4月号(中央経済社)に掲載されました。

 

「ベネッセ事件最高裁判決(平29.10.23)にみる情報管理の教訓」

 

http://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

 

I 事案・争点の概要
 1 事案の概要
 2 争点
II 最高裁判決のポイント
 1 判決の結論
 2 分析(1):氏名、住所、電話番号といった情報の漏えいが不法行為になりうるか
  (1) 早稲田大学江沢民講演会名簿提出事件
  (2) 京都府宇治市事件(大阪高判平13.12.25)
  (3) ヤフー!BB事件(大阪地判平18.5.19)
 3 分析(2):漏えいにより不快感や不安を抱いたという主張・立証だけで十分か
III 実務への影響と今後の注目点
 1 ベネッセ事件が情報管理の実務に与える影響
 2 差し戻し後の大阪高裁の判決の注目点
 3 情報管理についての現時点での教訓
  (1) 委託先の監督
  (2) ログの定期的な確認

ENGLISH SITE