• expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

渡邉弘志弁護士・大澤貴史弁護士が執筆した論文「過年度決算訂正事案における実務上の留意点-東芝の不適切な会計処理問題等を振り返って」が、月刊ザ・ローヤーズに掲載されました。

2015.10.1 | 著作・論文・記事等

渡邉弘志弁護士・大澤貴史弁護士の「過年度決算訂正事案における実務上の留意点-東芝の不適切な会計処理問題等を振り返って」と題する論文が、月刊ザ・ローヤーズ2015年10月号の特集「専門弁護士が語る企業犯罪の『罪と罰』」に掲載されました。

 

【内容】

・はじめに~過年度決算訂正事案の特徴~

・発覚時の初動対応

 (1)発覚

 (2)公表・各種スケジュールの検討

 (3)決算の誤りの「重要」性

 (4)調査の実施

 (5)調査対象期間

・決算関係書類の訂正等

 (1)有価証券報告書の訂正等(金商法関係)

 (2)決算短信の訂正等(東証関係)

 (3)計算書類の訂正(会社法関係)

・課徴金・刑事罰

 (1)課徴金

 (2)刑事罰

・会社・役員等の民事責任

 (1)会社の責任

 (2)取締役等の責任

・終わりに

ENGLISH SITE