• expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

牛島信弁護士が、株式会社ビジネス・フォーラム事務局主催のセミナーにおいて、社外取締役の役割と機能について、講演を行いました。

2018.3.29 | 講演・セミナー

牛島信弁護士が「社外取締役が取締役会改革の核となる-その機能強化」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

 

日時: 2018年3月29日(木)10:00~17:00

主催: 株式会社ビジネス・フォーラム事務局(特別協賛:KPMGコンサルティング株式会社)

会場: 赤坂インターシティ the Air(東京都港区赤坂1-8-1)

講師: 弁護士 牛島 信 ほか

 

取締役会 改革フォーラム2018

実効性あるオリジナル・ガバナンスの追求

社外取締役の役割と機能

社外取締役が取締役会改革の核となる-その機能強化

 

日本企業のコーポレート・ガバナンスにおける取り組みは、近年大きく加速しています。東証の上場企業(市場第一部)における独立社外取締役選任企業の割合は、2016年には9割以上へと増加しました。「コーポレートガバナンス・コード」の適用から3年が経とうとしている今、日本企業のガバナンス改革は一定の進化を遂げつつあります。しかしながら、企業が目指す”稼ぐ力”の強化に、ガバナンスがどこまで寄与しているのかというと、未だあらゆる側面において改革の必要性が生じています。それは未だ多くの企業が、コーポレートガバナンス・コードに遵守する、つまり「形式だけのガバナンス改革」に留まっていることが大きな要因なのではないでしょうか。

さらに、ガバナンスを巡る環境には常に新たな課題が発生しています。今年から上場企業が相談役・顧問の役割を開示する制度を設けることが課せられ、これまで“会長”や“社長”など経営の中枢経験者の特別ポストであった「相談役」や「顧問」の役割までも、改めて見直しを求められているのです。このように、時代の変化に伴いガバナンスのあり方は常に変化していきます。この状況の中で、日本企業は改めて“自社にとっての”最適なガバナンス・取締役会のあり方を再考することが必要なのではないでしょうか。コードへの対としての形の改革だけでなく、取締役会を構成する人の改革や、構成員のバランス、機能や役割など、自社の稼ぐ力の強化に向けて実効性のある企業統治のあり方を模索し、実現することが、これからのガバナンス改革において重要となっているのです。

当フォーラムでは、先進企業の取り組み事例やパネルディスカッションを通して、ガバナンス機能を最大化させるための取締役会改革のヒントを探っていきます。自社にとって最適な企業統治(オリジナル・ガバナンス)の構築のために、どのように改革を進めていけばよいのか。ご講演者含め、参加者の皆様とともに、考察を深めてまいります。

 

10:00~11:10 特別講演Ⅰ 【ガバナンス改革への挑戦】
大東建託のコーポレート・ガバナンス~取締役会の実効性確保に向けた取り組み~
大東建託株式会社 代表取締役社長 熊切 直美 氏

 

11:10~12:00 基調講演 【ガバナンスの現状と未来】
コーポレートガバナンスの今後を占う ~オリジナル・ガバナンスへの挑戦
KPMGコンサルティング株式会社 ボードアドバイザリーサービス担当パートナー 林 拓矢 氏

 

12:50~13:50 特別講演Ⅱ 【ガバナンス/取締役会の実効性向上】
オムロンのコーポレート・ガバナンス ~実効性向上へ向けた取締役会のあり方
オムロン株式会社 執行役員 取締役室長 北川 尚 氏

 

14:35~15:35 特別講演Ⅲ 【社外取締役の役割と機能】
社外取締役が取締役会改革の核となる――その機能強化
・コーポレート・ガバナンスの本質 ~ガバナンス改革は何を目指すか
・社外取締役の実態と役割 ~形式から実質へ
・取締役会改革と社外取締役 ~その具体策
牛島総合法律事務所パートナー弁護士、特定非営利活動法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク理事長 牛島 信

 

15:45~17:00 パネルディスカッション 【オリジナル・ガバナンスの追求】
“稼ぐ力”を生み出す取締役会へ~実効性あるオリジナル・ガバナンスの追求~

ENGLISH SITE