• expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

牛島信弁護士が執筆したコーポレート・ガバナンスに関する論文が、月刊ザ・ローヤーズに掲載されました。

2015.8.10 | 著作・論文・記事等

牛島信弁護士の「わが国コーポレート・ガバナンスの行方-会社からの視点-」と題する論文が、月刊ザ・ローヤーズ2015年8月号の特集「コーポレートガバナンス、スチュワードシップ両コードで改革迫られる企業経営」に掲載されました。
 
【内容】
・はじめに
・コーポレート・ガバナンスをめぐる動き~「中長期的視点」の導入
 (1)日本版スチュワードシップ・コードの策定
   a. 日本再興戦略
   b. 日本版スチュワードシップ・コード
 (2)コーポレートガバナンス・コードの策定
   a. 日本再生ビジョン及び「『日本再興戦略』改訂2014」
   b. コーポレートガバナンス・コード
・両コード策定により生まれる変化~経営者と株主が「中長期的視点」を共有するために
 (1)株式持ち合いの解消
   a. 日本型コーポレート・ガバナンスの特徴
   b. 株式持ち合いの功罪
   c. コーポレートガバナンス・コードにおける「株式持ち合い」
   d. 今後の展望
 (2)株主との対話への期待
   a. ショートターミズムの問題
   b. 2つのコードにおける「株主との対話」
   c. 今後の展望
 (3)株主との「中長期的視点」の共有に向けた経営者からの具体的な試み~トヨタAA型種類株式を例にして
   a. トヨタAA型種類株式とは
   b. 現時点での評価
   c. 今後の課題
・終わりに

ENGLISH SITE