• expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

藤村慎也弁護士が、不動産経済研究所主催のセミナーにおいて、マイナンバーに関する講演を行いました。

2015.6.16 | 講演・セミナー

藤村慎也弁護士が、「マイナンバーの企業実務と最新動向 タイムスケジュールと実践フロー、スタート後のロードマップも踏まえて」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

日時: 2015年6月16日 13:30~16:40

主催: 株式会社 不動産経済研究所

会場: 全日通霞が関ビル8階 大会議室

講師: 株式会社富士通総研(FRI)経済研究所 主席研究員 榎並 利博 氏
    弁護士 藤村 慎也
    International Tax Accouting Group 高鳥公認会計士事務所代表 公認会計士・税理士 高鳥 拓也 氏

 

マイナンバーは、本年10月に通知され、来年明けからスタートします。
足元の課題は、情報漏えい等リスクやシステム改修、本人確認、賃料支払い調書実務等への対応といえ、また今後は、国民の税と社会保障にとどまらず、預貯金への対象拡大、法人版マイナンバーも予定され、続いて、不動産(固定資産)や戸籍にまで踏み込む検討が行われています。
一方、諸外国では、個人の信用力評価にも使われるなど、マイナンバーが民間利用されているケースも見受けられ、少子高齢化を背景とした国家・国民的な転換点―パラダイムシフト―を前に、注意と対応を要するとともに、新たな事業機会をうかがうチャンスとなり得る可能性もあるといえます。
本セミナーでは、マイナンバーの第一人者である富士通総研(FRI)経済研究所の榎並利博氏をお招きし、そのポイントやこれからの展開をお話いただくほか、不動産に強い牛島総合法律事務所、International Tax Accounting Groupから、気鋭の専門家による実務を中心としたお話で全体プログラムを構成します。
企業総務・経理等の管理部門の皆様方、不動産・住宅/金融関連ビジネスマンの皆様方のご聴講お誘い申し上げます。
 

    マイナンバー(共通番号制)スタートで国民・企業と不動産ビジネスはどう変わるのか

13:30~14:30
 株式会社富士通総研(FRI)経済研究所 主席研究員 榎並 利博 氏
 「マイナンバー制度のポイントとこれからの展開 預貯金・不動産の扱い、民間利用の見通しは~諸外国事例も交えて~」
14:35~15:35
 弁護士 藤村 慎也
 「マイナンバーの企業実務と最新動向 タイムスケジュールと実践フロー、スタート後のロードマップも踏まえて」
15:40~16:40
 International Tax Accouting Group 高鳥公認会計士事務所代表 公認会計士・税理士 高鳥 拓也 氏
 「マイナンバー時代の資産税務と資産アドバイザーの針路 租税回避包囲網の動き、合法的タックスプランニングからみた最適解投資」

ENGLISH SITE