• expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、三菱UFJリサーチ&コンサルティング主催のセミナーにおいて、インターネット・ウェブサイトに関する法律知識とリスク対策・社内規定策定のポイントに関する講演を行いました。

2016.10.20 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「インターネット・HPに関する法律知識とリスク対策・社内規定策定のポイント」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

日時: 2016年10月20日(木)13:30~17:00

会場: 東京セミナールーム

講師: 弁護士 影島 広泰

 

ホームページの管理から、従業員教育・社内規定のポイントまで

インターネット・HPに関する法律知識とリスク対策・社内規定策定のポイント

企業のネットリスクを横断的に学び、トラブルに備える!

 
 日々、多くの企業がインターネット上でホームページを開設、情報発信を行うと共に様々な情報を入手しています。しかし、そこには口コミサイトやSNSに自社の悪口を投稿されてしまったり、自社の社員が予期しない形で機密情報・顧客情報を漏えいさせてしまう、他者の権利を侵害してしまう等、様々なリスクが存在しています。
 自社の信頼やイメージを損なわない為には、会社として知っておくべきルール・注意点・対応策を学ぶことが大切です。
 本セミナーでは、インターネットやホームページについて、多くの企業で問題となるポイントを、法律上の規制だけでなく、実務での対処を踏まえ解説致します。関連する法律やトラブル防止策について学び、自社でのガイドラインや規定の作成に活かしていきましょう。講師は分りやすい解説が大好評、個人情報やネット上のサービス・紛争等の案件を中心にご活躍、弁護士の影島広泰氏です。
ご受講の皆さまに、ソーシャルメディア・ガイドラインや誓約書、就業規則、個人情報取扱規程など、各種社内規定のひな形を進呈いたします。
 
【カリキュラム】
1.自社のホームページ(ウェブサイト)の管理
1)写真掲載についての注意点
 1.肖像権とは?写真などを掲載する場合の注意点は
 2.社員が撮影した写真を活用する際の留意点
 3.写真に映っている人からクレームが来たら
 4.写真の撮影者から無断使用だと訴えられたら
2)掲載する文書・コンテンツについての注意点
 1.本人に許諾なく「引用」できる場合とは
 2.リンクの掲載は無断でもよい?
3)利用規約の作り方
 1.何を記載するか
 2.消費者契約法で無効とされる条項とは
4)広告メールの規制
 1.広告メールに関する法的規制
 2.手元の顧客名簿を元に、DMを送ってもよい?
2.口コミで自社の悪口を書かれたら
1)口コミサイトに自社の悪口を書かれた場合にできること
2)投稿した本人を特定して責任追及する方法
3.思わぬトラブルに備える対応策
1)自社ホームページがウイルスに感染したり
  乗っ取られたりしたら
2)個人情報やデータを盗まれたら
3)従業員のホームページ閲覧やメールを監視してよい?
4)ウイルスメール、標的型攻撃メールへの対応策は
4.社員のインターネット・SNSの利用についての対応
1)会社にとってのリスクとは
 1.従業員が出張時の写真を投稿することのリスク
  (秘密の漏えい)
 2.仕事への不平・不満のツイートによる会社の
  イメージダウン
2)会社としての対応のポイント
 1.従業員のSNSをチェックしてもよい?
 2.社内の「ソーシャルメディア・ガイドライン」の
  サンプル
 3.社内教育の重要性と、教育すべきポイント・内容
 4.社内体制の整備チェックリスト

ENGLISH SITE