• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

2021 1月

2021.1.25 | 論文・記事等

「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士が執筆した「近時増加する地盤不良・基礎不良による大規模建築物の傾斜問題と土地売主・建設業者の責任(前編)」と題する記事が掲載されました。
 
1. はじめに
 (1) 地盤・基礎不良に関する紛争の増加
 (2) 地盤・基礎不良による影響の重大性
2. 地盤と基礎に関する建築基準法令
 (1) 構造耐力上安全な基礎の確保
 (2) 地盤の許容応力度および基礎杭の許容支持力の調査

 
https://www.businesslawyers.jp/articles/890

2021.1.20 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「情報セキュリティの法的責任と実務対応」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: SMBCコンサルティング

日時: 2021年1月20日(水)14:00~17:00

会場: 三井住友銀行呉服橋ビル 東京都中央区八重洲1-3-4

講師: 弁護士 影島 広泰

 

相次ぐリスクにどこまで対応する義務があるのか

情報セキュリティの法的責任と実務対応

~個人情報・営業秘密・ノウハウの保護、サイバーセキュリティの最新対応~

 

【概要(狙い)】
大手企業などからの個人情報・営業秘密の漏えい事案が相次いでいます。また、決済系サービスを中心に大規模なサイバー攻撃が続いています。これに呼応して、情報セキュリティに関して、近時、様々な指針・ガイドラインが公表・改訂されていますが、これらの指針・ガイドラインの相互の関係がどうなっているのか、そして、何にどこまで対応することが企業の義務なのか、整理がつかないままになっている企業が多いのではないでしょうか。
本セミナーでは、情報セキュリティに関する事例と裁判例を紹介して、企業に法的義務として課せられている情報セキュリティとは何かを分析した上で、個人情報と営業秘密に関する法令・指針、サイバーセキュリティ経営ガイドライン、開示規制等に基づき、会社として情報セキュリティにどのように取り組む必要があるのかを実務的に解説します。

 

【プログラム】
1. 事例で考える情報セキュリティ
  1)近時の情報漏えいの事例
  2)近時のサイバー攻撃の事例
2. 情報セキュリティと会社・経営者の責任
  1)情報セキュリティの法体系と会社が備えるべき体制
  2)裁判例から考える情報セキュリティと会社の責任  
3.個人情報の保護   
  1)個人情報保護法の基礎
   ・会社が負う5つの義務
  2)ガイドラインに基づいた情報管理のポイント
  3)委託先の監督を適切に行うための社内体制とは
  4)個人情報取扱規程等のサンプルをベースにしたあるべき社内の組織体制の解説
4.営業秘密・ノウハウの保護      
  1)不正競争防止法の基本
   ・営業秘密・ノウハウは、法律上、どのように保護されているのか
  2)営業秘密管理指針
  3)秘密情報の保護ハンドブック
  4)営業秘密に関する契約書・誓約書等のサンプルの解説
  
5.サイバーセキュリティ         
  1)サイバーセキュリティ経営ガイドラインのポイント
  2)標的型メール攻撃
  3)決済系サービスへのサイバー攻撃の事例
  4)有価証券報告書における情報セキュリティリスクの記載
  5)制御系システムのセキュリティのポイント

2021.1.14

令和2年度司法試験に合格された皆様(74期司法修習予定者)を対象とした事務所説明会の募集を開始しました。
詳細はリクルートのページをご覧下さい。

 | 著作・論文・記事等

Profession Journal (No. 402)において、柳田忍弁護士が執筆した「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第10回】『ハラスメントの事前防止策と再発防止策』」と題する連載記事が掲載されました。
 
https://profession-net.com/professionjournal/labor-standard-255/

令和2年度予備試験の論文式試験に合格された皆様を対象とした「事務所説明会」及び「ウインター・アソシエイト」の募集を開始しました。
詳細はリクルートのページをご覧下さい。

2021.1.13 | 受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2021において、以下のとおり、当事務所及び所属弁護士が高い評価を受けました。

 

牛島信: Leading individuals (Dispute Resolution)

田村幸太郎: Hall of Fame (Real Estate and Construction)

井上治: Leading individuals (Dispute Resolution; Real Estate and Construction)

渡邉弘志: Leading individuals (Corporate and M&A)

粟原大喜: Leading individuals (Real Estate and Construction)

影島広泰: Leading individuals (TMT)

塩谷昌弘: Next generation partners (Real Estate and Construction)

 

Corporate and M&A: Tier 2

牛島信、渡邉弘志

 

Dispute Resolution: Tier 2

牛島信、井上治

 

Labour and Employment: Tier 3

牛島信、山中力介、柳田忍、八下田麻希子

 

Real Estate and Construction: Tier 2

田村幸太郎、井上治、粟原大喜、塩谷昌弘、

 

TMT (Technology Media & Telecommunications): Tier 2

影島広泰

 

詳細はLegal 500のウェブサイトをご覧下さい。

https://www.legal500.com/firms/31236-ushijima-partners/30528-tokyo-japan/?layout=asia-pacific&token=f3c196307239f39e9dc0e17313ca3890

2021.1.12 | 講演・セミナー

山中力介弁護士が、「Employment Law in Asia Pacific: A Year in Review – Part I (China, Hong Kong, Japan, Korea, Taiwan)」と題するウェビナーにおいて、スピーカーを務めました。

 

主催: Employment Law Alliance

日時: 2021年1月12日(火)17:00~(日本時間)

会場: (Webinar)

講師: 弁護士 山中 力介

 

Employment Law in Asia Pacific: A Year in Review Part I (China, Hong Kong, Japan, Korea, Taiwan)

 

Date: Tuesday, January 12, 2021

Time: 04:00 PM Hong Kong Time

Duration: 1 hour, 30 minutes
 
Summary

Our Asia Pacific series will review the most important legal changes in 2020 and what to expect for employers in 2021.
 
Speakers
Ms. Cynthia Chung, Deacons (Hong Kong) – Moderator
Mr. Jeffrey Wilson, JunHe (China)
Ms. Elizabeth Pai, Lee, Tsai & Partners (Taiwan)
Mr. Robert Flemer, Kim & Chang (South Korea)
Rikisuke Yamanaka, Ushijima & Partners (Japan)

2021.1.5 | ニュース

近藤綾香、佐藤和哉、細谷豊、及び松尾茂慶が第73期司法修習を修了して当事務所に入所し、執務を開始しました。

ENGLISH SITE