• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

2021 6月

2021.6.30 | メディア出演

「『物言う株主』存在感増す」と題する毎日新聞朝刊(2021年6月30日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.29 | メディア出演

「Q&A 東芝株主総会問題 の外為法って? 経産省介入に問題はないの?」と題する東京新聞 Tokyo Web(2021年6月29日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.26 | メディア出演

「混迷の東芝 どう見る」と題する朝日新聞朝刊(2021年6月26日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。
 

https://www.asahi.com/articles/DA3S14951766.html

2021.6.25 | メディア出演

「東芝の日本的体質に不信の目 解決には『株主と対話を』」と題する朝日新聞デジタル(2021年6月25日)に、牛島信弁護士のインタビュー記事が掲載されました。

 

https://www.asahi.com/articles/ASP6T4W0MP6SULFA01T.html

 | メディア出演

「Investors Draw the Line at Toshiba in Rare Rebuke of Management」と題するBloomberg News(英語版)(2021年6月25日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

 | メディア出演

「東芝株主が突きつけた企業統治への不信感―永山議長の再任を否決」と題するBloomberg News(日本語版)(2021年6月25日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.24 | メディア出演

「Toshiba Chairman Faces Vote for Survival as Opposition Grows」と題するBloomberg News(英語版)(2021年6月24日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

 | メディア出演

「東芝・永山議長の再任が明日焦点に、専門家の評価は二分―あす株主総会」と題するBloomberg News(日本語版)(2021年6月24日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.23 | 著作・論文・記事等

「BUSINESS LAWYERS」において、渡邉弘志弁護士・石川拓哉弁護士が執筆した「米国バイデン政権下で増大が予想 国際カルテルのリスク回避のための競争法コンプライアンス実務(前編)」と題する記事が掲載されました。
 
1. ビジネスのグローバル化による国際カルテルのリスクが増大
2. 国際カルテルが会社に与えるリスクについて
 2-1. 海外競争当局による制裁
 2-2. 米国等における訴訟(クラスアクション)リスク
 
https://www.businesslawyers.jp/articles/980

2021.6.20 | メディア出演

「東芝、議長再任へ逆風 募る不信、25日に総会」と題する時事ドットコムニュース(2021年6月20日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.18 | メディア出演

「Japan Pushed Firms to Court Investors. Toshiba Preferred to ‘Beat Them Up’」と題するThe New York Times(2021年6月18日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.16 | メディア出演

「幕引き図る経産省」と題する朝日新聞朝刊(2021年6月16日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

 | 講演・セミナー

「Web・クラウドのサービス等の利用規約・定型約款の留意点」と題する影島広泰弁護士のWebゼミが公開されました。

 

Webゼミの概要は以下の通りです。

 

主催: 株式会社プロネクサス

日時: 2021年6月16日~7月16日

会場: Webゼミ

講師: 弁護士 影島 広泰

 

Web・クラウドのサービス等の利用規約・定型約款の留意点

~改正民法、消費者契約法、独占禁止法の新規制等の反映~

 

■ セミナーの趣旨
Web 上のサービスやクラウドサービスを提供したり提供を受けたりする際に、利用規約や契約書をレビューする機会は多くありますが、どこに気を付けたら良いのかが整理できていないまま「勘」でレビューをしていないでしょうか。また、改正民法の定型約款の取り込み、消費者契約法の改正に伴う無効条項の追加、独占禁止法のプラットフォーマー規制など、次々と新たな仕組みや規制が導入されています。さらに、近時は、データ提供の条項の重要性が高まっており、不正競争防止法の営業秘密・限定提供データとして保護されるための条件なども押さえておく必要があります。本セミナーでは、このような新たな規制を含めて、利用規約や契約の条項のポイントを具体的に解説します。

 

【プログラム】

Ⅰ.利用規約の位置づけと定型約款
(1)利用規約はユーザとの間での契約となるのか?
(2)定型約款の要件と効果
(3)定型約款の要件を踏まえた規約変更規定の文言例
Ⅱ.契約条項のポイント
(1)目的外利用の禁止条項とベンダによるデータの利活用
(2)個人情報の取扱いに関する条項例(委託と第三者提供の違い)
(3)令和 2 年改正個人情報保護法を踏まえたインシデント発生時の対応規定
(4)再委託に関する条項
(5)監査条項
(6)責任制限条項・免責条項
(6)BtoC の場合(消費者契約法への準拠)
(7)特定商取引法への準拠
Ⅲ.独占禁止法におけるプラットフォーマー規制と利用規約
(1)「優越的地位の濫用」とならないための規約のポイント
Ⅳ.SLA(Service Level Agreement)の作り方とレビューのポイント
(1)SLA の法的な位置づけ
(2)SLA のレビューのポイント
Ⅵ.よくある疑問と解決例
(1)ID/パスワードの管理をユーザの責任とする条項は意味があるか
(2)未成年者の会員登録・購買と利用規約
(3)利用規約のバージョン管理
(4)ユーザの投稿についての権利関係・保証条項
(5)情報セキュリティに関する条項と合意
(6)契約終了時の取扱い(データの消去等)

 

【お申し込み】
下記のプロネクサス様のページからお申し込み下さい。
https://p-support.pronexus.co.jp/SeminarDetail.aspx?sid=4791&lid=18&count=0&lec=0&page=1&key=%e5%88%a9%e7%94%a8%e8%a6%8f%e7%b4%84

2021.6.12 | メディア出演

「東芝・経産省 異常な蜜月」と題する毎日新聞朝刊(2021年6月12日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.11 | メディア出演

「東芝総会 外部調査報告 物言う株主封じ『不当働きかけ』」と題する讀賣新聞朝刊(2021年6月11日)に、牛島信弁護士のコメントが掲載されました。

2021.6.10 | 著作・論文・記事等

Profession Journal (No. 423)において、柳田忍弁護士が執筆した「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第15回】『ハラスメントの目撃者等の協力が得られないまま加害者の処分を行う場合のリスク』」と題する連載記事が掲載されました。
 
https://profession-net.com/professionjournal/labor-standard-263/

2021.6.9 | 講演・セミナー

「企業に必須の情報管理・サイバーセキュリティの要点」と題する影島広泰弁護士のWebゼミが公開されました。

 

Webゼミの概要は以下の通りです。

 

主催: みずほ総合研究所

日時: 2019年6月9日~7月5日

会場: Web配信

講師: 弁護士 影島 広泰

 
個人情報・営業秘密の保護と最新のサイバー攻撃への備えを実務解説

企業に必須の情報管理・サイバーセキュリティの要点

 
最新の法律・ガイドラインに対応!自社と委託先の情報管理体制の見直し・強化に必須
近時、サイバー攻撃により大量の情報が盗まれ身代金を要求される事件が多発したり、転職する従業員が社内の情報を持ち出す事件が発生するなど、社内の情報管理体制の見直し・強化が最重要課題となっています。また、その対応が法律やガイドラインに沿ったものでなければ、万一の場合に大きな責任を負ったり不利益を被ったりすることにもなりかねないため、求められる実務対応を組み込んだ社内体制の構築が不可欠です。本セミナーでは、法律の基本的な概念から近時改正が相次いだガイドラインの最新情報までを解説し、営業秘密・個人情報を安全に保護・管理するために必要な実務の要点を具体的にお伝えいたします。自社および委託先の情報管理体制の見直し・再構築に最適の内容です。
 
【講義内容】
1.今、情報管理体制の見直し・強化の必要性が高まっている
(1)近時の情報漏洩事件と得られる教訓
 ・退職する従業員による情報の不正な持ち出し
 ・サイバー攻撃による漏洩と身代金の要求
 ・個人情報の大規模な漏洩
(2)情報管理に関する法律・ガイドラインとその体系
 ・会社にとって、何が「義務」なのか
 ・守るべき対象としての情報と、守るための手段
2.営業秘密・ノウハウの保護のための社内体制とデータ管理
(1)情報管理に関する法律・ガイドライン等
 ・不正競争防止法の基本
  *「営業秘密」とは何か
  *民事上の救済
  *罰則(未遂行為の処罰、海外重罰など)
(2)情報漏洩を防ぐための実務対応とサイバーセキュリティ
 ①「秘密情報保護ハンドブック」と「てびき」に基づいた「漏えい対策3ステップ」と「5つの対策」
 ②人的管理、組織的管理
  ・社内の組織体制の整備
  ・セキュリティポリシーや社内規程の体系
  ・教育研修の実施(具体例、教育すべきポイント、方法など)
 ③データの漏えい・不正使用等を防ぐための実務対応
3.個人情報の漏洩防止に関する法律と実務
(1)個人情報保護法の「安全管理措置」の確認
 ・2020年12月に施行された法人に対する罰金刑の引上げ(1億円以下)
(2)ガイドラインに基づいた安全管理措置の実務
 ①組織的、人的、物理的、技術的安全管理措置
 ②個人情報に対して求められているサイバーセキュリティとは
(3)委託先の監督
 ①委託先の監督を果たすための契約書や社内体制のポイント
 ②近時の裁判例に基づいた委託先の監督の見直し
4.サイバーセキュリティの実務ポイント
(1)どこまでやれば法的義務を果たしているといえるのか
 ・裁判例から考えるサイバーセキュリティの法的義務
   ~何をやっていないと法的責任を問われるのか?~
(2)サイバーセキュリティ経営ガイドライン
 ・サイバーセキュリティについて求められている社内体制とは
(3)最新のサイバー攻撃への備え
 ①標的型攻撃
 ②ビジネスメール詐欺
 ③ランサムウェア
 ④内部不正による情報漏えい
 ⑤不注意による情報漏えい
5.テレワーク、リモートワークの留意点
(1)従業員のモニタリングについての規程で定めるべきこと
(2)テレワーク、リモートワーク特有の留意点
 ・営業秘密の保護
 ・個人データの安全管理措置
(3)情報漏えい等のインシデント発生時の対応
 ・インシデント対応の社内ルールのポイント
 
【お申し込み】
下記のみずほ総合研究所様のページからお申し込み下さい。
https://www.mizuhosemi.com/section/it/21-10653.html

2021.6.8 | 講演・セミナー

猿倉健司弁護士が、「民法改正・新型コロナ感染症拡大後の実務を踏まえた ビル賃貸借の法律実務対応」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 金融財務研究会

日時: 2021年6月8日(火)9:30~12:30

会場: Zoom開催

講師: 弁護士 猿倉 健司

 

◆Zoomセミナー◆民法改正・新型コロナ感染症拡大後の実務を踏まえた ビル賃貸借の法律実務対応

 
第1部 民法改正を踏まえたビル賃貸借の実務対応(重要ポイント)
 1)敷金・保証金
 2)オーナーの修繕義務・テナントの修繕権
 3)(使用収益不能による)賃料減額等
 4)テナントの原状回復義務・収去義務
 5) 損害賠償・解除

第2部 民法改正を踏まえた賃貸保証の実務対応(重要ポイント)
 1)賃貸借契約の自動更新後の連帯保証
 2)賃貸保証における極度額の設定
 3)保証人への情報提供義務

第3部 新型コロナ感染症を踏まえた賃貸借・保証の実務対応(重要ポイント)
 1) 商業ビル全体を閉鎖した場合の営業補償と賃料免除
 2)テナント(商業ビル・オフィスビル)が休業した場合の賃料免除
 3) 感染者発生時の不動産管理会社の責任
 4)不可抗力免責条項の問題点
 
改正民法が2020年4月に施行されましたが、新型コロナ感染症拡大の影響等もあり、各社において十分な検討・準備が必ずしもなされていない状況にあるのが実情です。また、新型コロナ感染症の拡大を受けて自治体等からなされた休業要請等により、不動産賃貸取引に極めて大きな支障が生じています。
本セミナーでは、商業ビルやオフィスビルの賃貸借や賃貸保証に関して、2020年民法改正及び新型コロナ感染症に関して実際に寄せられている質問・相談や業界全体の実務動向を踏まえて、オーナー側・テナント側の両面から考慮すべき特に重要な実務対応のポイントについて具体的に解説します。

2021.6.2 | 講演・セミナー

「現役法務部員×影島広泰弁護士が語る 個人情報保護法対応」と題するweb座談会において、影島広泰弁護士がファシリテーターを務めました。

 

座談会の概要は以下の通りです。

 

主催: Business & Law

日時: 2021年6月2日(火)公開

講師: 弁護士 影島広泰

 

現役法務部員×影島広泰弁護士が語る

個人情報保護法対応

牛島総合法律事務所 パートナー弁護士 影島 広泰
株式会社キタムラ・ホールディングス 経営管理部法務グループ グループマネージャー 中路 星児 氏
株式会社シーイーシー 管理本部総務部法務G グループマネージャー・弁理士 林 基樹 氏
株式会社レスターホールディングス 法務・コンプライアンス部 シニアマネージャー 伊達 裕成 氏

 

目次

I. はじめに―個人情報“管理”体制と現在の課題意識
II. 個人情報の“利活用”の場面で立ちはだかる問題とは
III. 海外法規対応は予算・人員を踏まえたリスクベース対応がカギ
IV. 海外法規やIT・技術分野に通じた法務人材の確保・育成が急務

https://businessandlaw.jp/articles/a20210602-1/

2021.6.1 | 講演・セミナー

「新任担当者のためのマイナンバー対応の基本と実務」と題する影島広泰弁護士のWebゼミが公開されました。

 

Webゼミの概要は以下の通りです。

 

主催: みずほ総合研究所

日時: 2021年6月1日(火)~2021年7月5日(月)

会場: Webセミナー

講師: 弁護士 影島 広泰

必ずおさえておきたいマイナンバーの実務をわかりやすく解説!

新任担当者のためのマイナンバー対応の基本と実務

マイナンバー制度の基礎からアップデートまでと収集・情報管理・廃棄の実務の留意点
【規程サンプル・書式ひな形進呈】

 

マイナンバーの取扱いには、法令からガイドラインまで様々な規制があり、また、近時も実務に影響がある修正・改正も行われています。そのため、新たにご担当になられた方にとって、マイナンバー法で定められているルールの厳しさや複雑さを独学で理解するのは容易ではありません。そこで本セミナーでは、人事部・経理部などで新たに事務取扱担当者になった方や総務部などの管理部門に新たに配属された方など、マイナンバー対応を基礎から学びたいとお考えの方を対象に、ご担当者が必ずおさえておきたい法律の要点と実務の基本、さらにはマイナンバー制度のアップデートなどを、すぐに利用できる規程類や書類のひな形を示しながら解説いたします。

1.マイナンバー制度とは
(1)マイナンバー制度の概要
①マイナンバー制度の3つの目的
②近時のマイナンバーの利用の拡大(預貯金口座付番)
③「個人番号(マイナンバー)」と「法人番号」
④マイナンバーカードと通知カード
(2)マイナンバー法の規制
①特定個人情報とは
②個人番号利用事務と個人番号関係事務
③3つの保護措置(収集制限、提供制限、安全管理措置)のポイント
④罰則
(3)民間企業でマイナンバーが必要になる場面
①国税・地方税の手続
②社会保険の手続
(ア)雇用保険
(イ)健康保険
(ウ)年金
2.マイナンバーの収集の実務
(1)利用目的の特定と通知等
(2)本人確認を中心としたマイナンバー収集の実務
①本人確認のポイント
・2020年の通知カードの廃止に伴う本人確認の実務
②従業員からの収集
(ア)扶養控除等(異動)申告書の取扱い
・「相違ない」旨の記載による実務
・マイナンバーの記載を不要とするための「帳簿」とは
(イ)国民年金第3号被保険者に関する取扱いの実務
(ウ)健康保険での本人確認の実務
②支払調書の作成先からの収集
③株主からの収集
(3)実務の確認~こんな場合どうする?
①マイナンバーが変更される可能性への対応
②マイナンバーの提供を拒まれたときに、どのように対応すべきか?
③マイナンバーの提供依頼書に必ず書かなければならない文言とは?
④提出してくれなかった相手に対して督促を行うべきか?
⑤法定調書のマイナンバー欄を空欄で提出した後でマイナンバーを受け取ってしまったら?
⑥本人確認書類は廃棄する必要がある?
3.マイナンバーの情報管理
(1)安全管理措置の全体像
・個人情報保護委員会とは
(2)ガイドラインに従った社内体制の構築
①基本方針、社内規程等の策定
②組織的安全管理措置
③人的安全管理措置
④物的安全管理措置
⑤技術的安全管理措置
(3)委託先の監督
①委託と委託でない場合の切り分けの基準
②委託契約に盛り込む必要がある項目
(4)実務の確認~こんなときどうする?
①個人情報保護委員会の「立入検査」の実績
②マイナンバーが漏えい・紛失したおそれがあるときの対応とは?
③グループ企業内に出向・転籍や兼務者がいる場合に、マイナンバーを一社が保管して利用する方法とは?
4.マイナンバーの廃棄
(1)退職した従業員のマイナンバーの取扱い
(2)扶養から外れた親族のマイナンバーの取扱い
(3)支払調書を提出した取引先のマイナンバーを保管できる場合と廃棄しなければならない場合

☆最新動向により、内容等を一部変更させていただく場合がございます。
☆本セミナーは一般の事業会社を対象としています。

【お申し込み】
下記のみずほ総合研究所様のページからお申し込み下さい。
https://www.mizuhosemi.com/section/secretary/20-10931.htmlhttps://www.mizuhosemi.com/section/secretary/21-10524.html

ENGLISH SITE