〒100-6114
東京都千代田区永田町2丁目11番1号
山王パークタワー12階(お客さま受付)・14階

東京メトロ 銀座線:溜池山王駅 7番出口(地下直結)

東京メトロ 南北線:溜池山王駅 7番出口(地下直結)

東京メトロ 千代田線:国会議事堂前駅 5番出口 徒歩3分

東京メトロ 丸の内線:国会議事堂前駅 5番出口
徒歩10分(千代田線ホーム経由)

セミナー
Seminar

2022.06.16

改正公益通報者保護法準拠 ケーススタディで見るコンプライアンス体制見直しのポイント(経営調査研究会)【6月16日(木)】

主催
経営調査研究会
セミナー
開催日時
2022年6月16日 (木) 13:30〜16:30
会場
グリンヒルビル セミナールーム (東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)又はLIVE配信(Zoom)

プログラム


1.近時の不正・不祥事実例と業種類型別ケーススタディ
  (1)不正事案の発覚契機(外部からの発覚事例)
  (2)調査・初動の失敗事例
  (3)広報対応の失敗事例
  (4)監督官庁・自治体対応の失敗事例
2.コンプライアンス体制見直しのためのポイント
3.内部通報制度の具体的方策と留意点

  (1)「不祥事予防に向けた取組事例集」の内容と課題
  (2)2022年6月施行・改正公益通報者保護法の実務的留意点
  (3)内部通報の限界と実効化のための具体的方策
  (4)グローバル内部通報制度導入のポイント
  (5)不正の早期発見のための方策と実務的に悩ましい点
     (匿名アンケート、定期インタビュー・アンケート、抜打ち監査等)
  (6)内部監査の導入イメージ

近時の不正・不祥事事案の多くは、内部通報制度等の体制が一応整備されていたにもかかわらず、十分に機能していなかったために深刻な事態に発展してしまったというものがほとんどです。
 本セミナーでは、近時の具体的な不祥事実例をもとに、コンプライアンス体制をどのように見直すべきなのか、他社の取組事例とともに具体的に解説いたします。また、2022年6月に施行の改正公益通報者保護法に準拠した制度とするためのポイント、グローバル内部通報制度導入の留意点等についても解説します。