〒100-6114
東京都千代田区永田町2丁目11番1号
山王パークタワー12階(お客さま受付)・14階

東京メトロ 銀座線:溜池山王駅 7番出口(地下直結)

東京メトロ 南北線:溜池山王駅 7番出口(地下直結)

東京メトロ 千代田線:国会議事堂前駅 5番出口 徒歩3分

東京メトロ 丸の内線:国会議事堂前駅 5番出口
徒歩10分(千代田線ホーム経由)

セミナー
Seminar

2024.07.23

ChatGPT等生成AIの活用と法的リスク・社内ルールの整備(九州生産性本部)【福岡:7/23(火)】

セミナー種別

外部セミナー

担当弁護士

主催
九州生産性本部
セミナー
開催日時
2024年7月23日(火)10:00~17:00
会場
電気ビル共創館 3階カンファレンス/配信

~デモやガイドラインサンプルをまじえ、生成AIが回答を生成していく仕組みと法的リスク、その対策についてわかりやすく解説します~

ご案内

ChatGPT等の生成AIを、社内業務で活用する動きが加速しています。生成AIを利用することで、事務業務の大幅な効率化に繋がることが予想される反面、様々な不具合や法的リスクも懸念されています。社内で正しくルールを決めたうえで利用することが今後重要となりますが、そのためには、生成AIの利用における法的リスクがどこにあるのかを正確に理解・把握し、技術面と法律面から正しく対処していくことが必要です。
本セミナーでは、当分野の第一線で活躍中の影島弁護士をお招きし、【デモ】や【ガイドラインサンプル】をまじえ、生成AIが回答を生成していく仕組みと、そこに内在する法的リスク、その対策について、わかりやすく解説を行います。経営幹部の方や総務・法務・情報システム部門の方をはじめ、これから生成AIを活用する予定の方々にも幅広くご参加いただきたくご案内申し上げます。

講座内容

1.生成AI・ChatGPTとは何か

(1)LLM(大規模言語モデル)は、どのように文章を生成しているのか?
(2)Transformer、Attention、ベクトル化などの仕組み
(3)プロンプト・エンジニアリングとは
(4)RAG (Retrieval-Augmented Generation)プロンプトとは【デモ】
(5)Fine-tuning(追加学習)とは【デモ】
(6)ベクトル化と近傍検索【デモ】

2.生成AIを業務で利用する際の法的リスク

(1)プロンプトに入力する場面①:回答を得る対象として入力する場合
― 個人情報保護法、著作権法、契約上の義務
(2)プロンプトに入力する場面②:RAGとして入力する場合
― 個人情報保護法(仮名加工情報の活用)、著作権法、契約上の義務
(3)機械学習の学習用データとして入力する場面
― 個人情報保護法、著作権法、契約上の義務
(4)ベクトル化(embedding:埋め込み)して検索する場面
― 仮名加工情報の活用
(5)生成された回答を利用する場面
― 個人情報保護法
― 著作権法(他社の著作権を侵害するか、生成物が著作物として保護されるか)
― 商標法、不正競争防止法その他の問題

3.社内ルールを作る際のポイント

(1)ルールで定めるべき項目
(2)ルールのつくりかたと規程の見直しポイント
(3)生成AI利用社内ガイドラインのサンプル(2023年8月時点)

4.AIの開発を委託する際の留意点

(1)AIの開発と従来のシステム開発との違い
(2)契約書レビューの際の留意点

(質疑応答)

※最新情報に基づき、現行の講座内容を一部変更する場合もございます。

【社内ガイドラインサンプル:参考規程例】を、資料としてお渡しいたします。