Contact_image

  

牛島総合法律事務所 全国対応 大型・専門訴訟チーム

  

  

1.裁判手続のIT化等により、東京の大規模な法律事務所を選任する傾向がますます強まると考えられます

  

近時、裁判の当事者となる企業・個人の方が、その所在地や係属する裁判所の所在地にかかわらず、東京の大規模な法律事務所を訴訟代理人として選ぶケースが増えています。2020年になって運用が開始された裁判手続のIT化や、新型感染症を契機とするビデオ会議の一般化等により、法律事務所が近くに存在している意味がなくなっています。今後ますますこの流れは加速します。
その結果、皆様の裁判の相手方の弁護士が、東京の大手法律事務所となるケースもこれまで以上に増えてくると考えられます。

  

  

2.専門性や組織力のある法律事務所を選択しないことは大きなリスクとなります

  

企業支配権の争奪、株式や新株予約権の価値評価、システム・ソフトウェア開発、大規模建築物の建築瑕疵、土壌汚染や廃棄物処理、税務の絡んだ事案など、高度な専門性を必要とする案件や、事実関係が複雑で多くの証拠資料が存在するような大規模な裁判については、専門性と組織力を備えた法律事務所でなければもはや十分に対応することができなくなりかねず、どのような法律事務所を選ぶかによって裁判の結果が大きく変わることが少なくありません。
特に重要な案件においては、専門性や組織力を考慮せずに法律事務所を選択することは、極めて大きなリスクとなります。

  

  

3.牛島総合法律事務所は、大手法律事務所が相手方となるような大型の案件を強みとしています

  

牛島総合法律事務所は、会社法、M&A、不動産取引、建築、環境法、IT、情報管理、労働法等の各領域で専門性を有する弁護士が数多く在籍しています。そのうえ、各弁護士が裁判等の紛争案件についても豊富な経験を有している点に特徴があります。
また、第一審において敗訴してしまった案件についても第二審で覆すべく熱意と意欲をもって積極的に受任しており、すでに依頼している法律事務所では頼りない・不安であると感じられる案件についても、セカンド・オピニオンなどのご依頼に対応しております(セカンド・オピニオンのご依頼をいただくことにつきましては、ご要望に応じて、すでに依頼している法律事務所に対しても秘密にいたします)。
専門性や組織力のある東京の大手法律事務所を相手方とする裁判であっても、多くの案件で、依頼者にご満足いただける結果を出しております。

牛島総合法律事務所の紛争解決部門は、“Chambers & Partners(チェンバース・アンド・パートナーズ)”や“Legal 500(リーガル・ファイブハンドレッド)”といった世界的に権威ある評価機関からも、トップクラスのランクを与えられています(牛島総合法律事務所のランクについては、Chambers & Partners及びLegal500をご覧下さい)。
これらの評価機関は、毎年、依頼者に対するインタビュー等の厳正な調査の結果に基づく法律事務所及び弁護士のランキングを公表しており、企業の法務担当者等が法律事務所を選定する際にこれらのランキングを参照することが多くなっています。

  

  

4.牛島総合法律事務所は、全国各地の皆様からのご依頼をお受けいたします

  

牛島総合法律事務所は、「命運のかかった事案だから、どうしても牛島総合法律事務所に頼みたい」という信頼を寄せられてきました。こうした依頼者の信頼は、私どもの最大の誇りです。
関東圏や関西圏、中部圏はもちろん、北海道から沖縄まで、全国各地の裁判・調停その他の案件を担当してきた実績がありますが、今後もなお一層、各地域の依頼者のご依頼に積極的にお応えしていきたいと考えています。
弁護士報酬につきましても、時間制報酬のほか、事情によっては、成功報酬のみで裁判案件のご依頼をお請けすることもございますので、ご相談いただければと存じます。

  

  

ご相談・お問い合わせ

  

以下のお問い合わせフォーム、またはお電話、ファックス、電子メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

  

    貴社名

    お名前

    メールアドレス (必須)

    お電話番号 (任意)

    お問い合わせ内容

    電話
    03-5511-3200(「全国対応 大型・専門訴訟チーム」までお問い合わせ下さい)
    ファックス
    03-5511-3258
    電子メール
    ushilaw@japan.email.ne.jp

    ENGLISH SITE