• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士が執筆した、不祥事と危機管理に関する連載記事(第15回)が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

2020.6.9 | 著作・論文・記事等

「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士が執筆した「【連載】近時の不祥事ケースと危機管理・リスク予防: 第15回偽装請負の不正事案(建設業、システムエンジニアリング等)から考える、問題点と不正防止のポイント」と題する記事が掲載されました。
 
1.偽装請負に関する法的な問題点 − 偽装請負かどうかの判断基準(告示37号)
 (1) 自己の雇用する労働者の労働力を自ら直接利用するものであること
 (2) 請負契約により請け負った業務を自己の業務として当該契約の相手方から独立して処理するものであること
2.法令遵守・コンプライアンス遵守のための方策
 (1) 不正の原因が遵法意識が欠如していることにあるという指摘
 (2) 法令遵守のための方策

 

https://www.businesslawyers.jp/articles/754

ENGLISH SITE