• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士・大澤貴史弁護士・Gregory Kinagaが執筆した、海外子会社での不正発見のためのグローバル内部通報の制度設計に関する記事が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

2021.8.31 | 著作・論文・記事等

「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士・大澤貴史弁護士・Gregory Kinaga(日本資格外、カリフォルニア州弁護士)が執筆した「海外子会社での不正発見のためのグローバル内部通報の制度設計」と題する記事が掲載されました。
 
1. 海外子会社における不祥事の動向・リスクシナリオ
2. 海外子会社の不祥事を早期発見するための代表的な方策
 (1) 親会社による内部監査
 (2) 内部通報制度の実効性確保
3. グローバルな内部通報制度の設計
 (1) グローバル内部通報制度導入の必要性
 (2) 制度設計のポイント
4. 海外法律事務所との連携
5. 内部通報制度全般の留意点
 
https://www.businesslawyers.jp/practices/1388

ENGLISH SITE