• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、論文や書籍の執筆の際に留意すべき知的財産権に関する講演を行いました。

2019.1.23 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が、日本アクチュアリー会の2018年度第8回例会において、「執筆の際に留意すべき知的財産権とクリアする方法」と題して、著作権(論文での引用等)や商標権をはじめとする知的財産権の取扱いに関する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 日本アクチュアリー会

日時: 2019年1月23日(水)18:00~ 19:30

会場: 日本アクチュアリー会事務局 大会議室(晴海トリトンスクエア)

講師: 弁護士 影島 広泰

 

執筆の際に留意すべき知的財産権とクリアする方法

 
01 知的財産権の全体像
 1.知的財産権とは
 2.その他、注意すべき権利は
02 著作権
 1.著作物・著作権とは
 2.文書を掲載する際の留意点
  (1) 「著作物」に当たる場合とは
  (2) 「引用」とは
 3.海外の著作物
 4.写真・動画・イラストを掲載する際の留意点
 5.キャラクター
 6.写り込み
03 商標権
 1.商標・商標権とは
 2.商標の「使用」とは
  (1) 出所表示機能を持つ態様での使用
  (2) メタタグでの使用
 3.企業のロゴ等の使用
 4.写り込み
04 肖像権・パブリシティ権・プライバシー権
 1.肖像権
  (1) 肖像権とは
  (2) 同意はどこまで必要か
  (3) 同意が得られていない場合
  (4) まとめ
 2.パブリシティ権
 3.プライバシー権
05 まとめ
 1.掲載時の留意点
 2.ディスクレイーマー等の文言

ENGLISH SITE