• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士がITシステム開発の契約の基本に関するオンラインセミナーを行いました。

2020.5.1 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「ITシステム開発の契約の基本」と題するオンラインセミナーを行いました。

 

ITシステム開発の契約の基本

(2020年5月1日に収録)
 

【受講料金】23,100円(税込)

【講演時間】約3時間

【視聴期間】60日間

【お申込み】https://www.lexis-asone.jp/aem/seminar/web20200501-2/

【講  師】弁護士 影島広泰

 

ITシステムの開発・保守に関する契約書をレビューする際に留意すべきポイントは何でしょうか。また、開発プロジェクトがトラブルになったときに、どのような権利・義務を主張して交渉すべきでしょうか。

本セミナーでは、これまでの裁判例における判断の蓄積と民法改正を踏まえて、ITシステム開発の契約について、契約書レビューのポイントやトラブル時の確認のポイントなどを具体的に解説します。

 

【プログラム】

01システム開発委託契約書レビューのポイント

 1.契約の種別(請負・準委任)をどのように決めるか/民法改正

 2.契約の構造(一括・多段階)をどのように決めるか

 3.責任制限条項のワーディング

02プロジェクト・マネジメントの義務と契約

 1.裁判例の整理

 2.契約条項への反映

03トラブル発生時の対応と考え方

 1.債務の内容はどの書面で特定されるのか

 2.既払い代金の返還

 3.既作業分の代金

 4.ベンダからの将来分の報酬請求

 5.追加費用の請求

04システムの「完成」に関連するトラブル

 1.「完成」の基準とは

 2.検収と「完成」の関係

 3.民法改正が契約実務に与える影響

05システム保守契約

 1.システム保守の費用負担の考え方

 2.個人データ・個人番号の委託と保守

06トラブル発生時に確認すべきポイント

 1.紛争になったときに見極めるべきポイント

 2.プロジェクトの中止

ENGLISH SITE