• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、中小企業のための情報セキュリティの法的責任と実務対応に関する講演を行いました。

2020.10.28 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「中小企業のための情報セキュリティの法的責任と実務対応」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 東京商工会議所

日時: 2020年10月28日(水)13:30~17:00

会場: 東京都千代田区丸の内3-2-2(丸の内二重橋ビル)/オンライン

講師: 弁護士 影島 広泰

費用: 無料

 

中小企業のための情報セキュリティの法的責任と実務対応

【オンラインでも、通学でも!】

 

近時、サプライチェーン全体でセキュリティ対策を要求する企業が増え、取引先からの要請で中小企業においても情報セキュリティのレベルアップが求められるようになっています。また、サイバー攻撃が猛威を振るっており、中小企業においても待ったなしの対策が必要となっています。本セミナーでは、中小企業が行うべき情報セキュリティを、現実的な目線で実務的に解説します。

 

【当日のプログラム】
1.事例で考える情報セキュリティ
  1)情報漏えいの典型的な事例
  2)近時のサイバー攻撃の事例
2.情報セキュリティと会社・経営者の責任
  1)情報セキュリティの法体系と会社が備えるべき体制
  2)裁判例から考える情報セキュリティと会社の責任
    ~情報セキュリティは、どの程度まで行うことが法的な義務なのか
3.法令の概要と法的義務
  1)個人情報の情報セキュリティ
   ①ガイドラインに基づいた情報管理のポイント
   ②委託先の監督を適切に行うためには
  2)営業秘密・ノウハウの保護
   ①営業秘密・ノウハウは、法律上、どのように保護されているのか(不正競争防止法の基本)
   ②営業秘密管理指針・秘密情報の保護ハンドブックに基づいた実務対応
   ③営業秘密に関する契約書・誓約書等のサンプルの解説
4.サイバーセキュリティ
  1)標的型メール攻撃
  2)近時の決済系サービスへのサイバー攻撃の事例を踏まえた会社側の対応
  3)IoT機器のセキュリティのポイント
  4)工場等の制御系システムのセキュリティのポイント
  5)「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に従った社内体制

ENGLISH SITE