• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、改正個人情報保護法と企業の実務対応に関する講演を行いました。

2021.11.2 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「改正個人情報保護法と企業の実務対応ポイント」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 九州生産性本部

日時: 2021年11月2日(火)10:00~17:00

会場: 九州生産性本部セミナー室(福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階)又はZOOM

講師: 弁護士 影島 広泰

 

改正個人情報保護法と企業の実務対応

1.改正の全体像と6つのポイント
(1)本人の権利保護の強化
(2)企業の特定分野を対象とする認定団体制度の新設
(3)法令違反に対するペナルティの強化
(4)事業者の責務の追加
(5)データの利活用の促進
(6)外国事業者への報告・立入検査
2.個人情報の「利用」についての規制強化
(1)不適正な利用の禁止 ~「不適正利用」とは~
(2)保有個人データの「処理の方法」等の開示
 ~プライバシーポリシーの変更は~
3.個人の権利の強化
(1)開示の電子化 ~私の全データを開示して下さいと言われたら?~
(2)利用停止・消去等の拡張
 ・利用停止・消去をしなければならない場面
 ・漏洩が発生した場合のリスク
(3)トレーサビリティの記録の開示
(4)オプトアウトによる第三者提供の取り扱いの改正
4.データの利活用に関する改正
(1)「個人関連情報」の提供
 ・Cookieと「個人関連情報」
 ・パブリックDMPからの属性情報の取得と新規制
(2)「仮名加工情報」
 ・仮名加工情報とは
 ・規制の内容
 ・どのような場面で利用できるか
5.グローバルな個人データの取扱い
(1)外国事業者に対する報告徴収・命令
(2)外国へ移転する際の本人への情報提供
 ~個人情報保護法制の説明をどうするか~
6.その他の改正点と今後の動向
(1)罰則強化、漏洩等の報告の義務化
 ~罰金1億円へ引き上げ(2020年12月施行)~

(質疑応答)

ENGLISH SITE