• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士・関根亮人弁護士が執筆した、不祥事と危機管理に関する連載記事(第10回)が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

2019.11.13 | 著作・論文・記事等

「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士・関根亮人弁護士が執筆した「【連載】近時の不祥事ケースと危機管理・リスク予防: 第10回 建築基準法違反の設計・施工事案から考える、不正の早期発見と調査等のポイント」と題する記事が掲載されました。
 
1. はじめに

2. 具体的な不正類型の検討(建築基準法違反)

 2-1. 実務上見られる不正の対応(想定事例の概要)

 2-2. 問題となる主な法令・法的な問題点

3. 不正の早期発見のポイント(発覚の端緒)

4. 不正発覚後の調査のポイント

5. 対応方針の決定

 5-1. 被害防止のための措置

 5-2. 不正により被害を受けた者(建物居住者)への補償
6. 監督官庁に対する対応のポイント

 6-1. 法令が定める行政処分等

 6-2. その他の措置

 

https://business.bengo4.com/articles/661

ENGLISH SITE