• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、情報管理体制見直しのポイントに関する講演を行いました。

2020.9.25 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が、「情報漏えいから会社を守る! 管理体制見直しのポイント」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: りそな総合研究所

日時: 2020年9月25日(金)13:00~16:45

会場: アットビジネスセンター心斎橋駅前(604号室)又はオンライン

講師: 弁護士 影島 広泰

 
テレワークの実現に向けて

情報漏えいから会社を守る!

管理体制見直しのポイント

 
1.情報漏えいの事件とテレワーク
(1)近時の情報漏えい事件から得られる教訓
 ● 営業秘密の漏えい、個人データの漏えい
(2)テレワークでの留意点
2.情報セキュリティの法令とルール
(1)企業に求められる情報セキュリティとは
 ① 裁判例から考える、企業が果たすべき情報セキュリティの「程度」
と基準
 ②情報セキュリティに関する各種法令の概要
(2)営業秘密を守る「不正競争防止法」
 ①営業秘密とは何か
 ② どのように情報管理しておけば、営業秘密として保護されるのか
 ③「情報管理規程」のサンプルと解説
(3)個人情報を守る「個人情報保護法」
 ①企業に課せられた5つの義務とは
 ② 安全管理措置の全体像
 ③「個人情報取扱規程」のサンプルと解説
 ④委託先の監督のポイント
(4)サイバーセキュリティ
 ①「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」のポイント
 ② 近時の脅威と具体的な対応策
3.テレワーク・リモートワークにおける情報管理
(1)自宅で作業させつつ「営業秘密」として保護するための方策
 ①データの場合
 ② 紙の場合
(2) 個人データを自宅で取り扱う場合に講じることが義務づけられる
措置
 ①データの場合
 ② 紙の場合
(3)サイバーセキュリティの留意点
 ①Web会議システム、VPN、メール等のセキュリティの考え方
 ② BYOD(私物デバイスの業務利用)のポイントと誓約書サンプル
(4)テレワークを実現する各種ソリューションの長所・短所
 ● 様々に存在するソリューションは、それぞれどのような特徴があ
り、どのようなリスクがあるのか
4.規則・誓約書・就業規則など
(1)情報漏えい対応規則
(2)誓約書
(3)就業規則
(4)従業員をオンラインでモニタリングするために必要な規程

ENGLISH SITE