• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士が執筆した、建設廃棄物処理およびリサイクルの法規制と実務上の留意点に関する記事が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

2020.11.2 | 著作・論文・記事等

弁護士ドットコムのポータルサイト「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士が執筆した「建設廃棄物処理およびリサイクルの法規制と実務上の留意点(前編)」と題する記事が掲載されました。
 
1. はじめに(建築現場における再生リサイクル処理の必要性)
2. 実務上問題となる建設廃棄物
 (1) 廃棄物として扱う必要があるかどうかの判断のポイント
 (2) 廃棄物の定義
 (3) 廃棄物処理法が適用されるかどうかの判断基準
 (4) 建設汚泥が廃棄物にあたるかの判断
3. 廃棄物の適正処理
 (1) 廃棄物処理法上求められる廃棄物の処理・処理委託
 (2) 不適切な廃棄物処理・処理委託を行った場合の法的リスク
 (3) 建設廃棄物を自ら利用する場合の留意点
 
https://www.businesslawyers.jp/articles/841 

ENGLISH SITE