• expand2022
  • expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、2020年改正個人情報保護法のポイントに関する講演を行いました。

2020.7.22 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「2020年改正個人情報保護法のポイント」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: AIG損害保険株式会社

日時: 2020年7月22日(水)14:00~15:30

会場: オンライン開催

講師: 弁護士 影島 広泰

 

2020年改正個人情報保護法のポイント

~情報セキュリティ観点から見た改正法とテレワーク~

 

【概要】

情報・セキュリティ関連分野において、2020年に一番大きなトピックになると考えられるのが、個人情報保護法の改正です。個人情報保護法は、2017年5月に改正法が施行されましたが、その際の改正附則において、施行後3年ごとに「個人情報の保護に関する国際的動向、情報通信技術の進展、それに伴う個人情報を活用した新たな産業の創出及び発展の状況等を勘案し」、検討・見直しをすることとされました。2020年6月12日に公布された改正法は、この改正附則が定めるスケジュールに従ったものということになります。例えばウェブの閲覧履歴や位置情報を取得・蓄積・分析してマーケティングに利用するなど、データの利活用に向けた企業の動きが加速していますが、個人情報保護法の改正はこれに大きな影響を与えると考えられます。
本セミナーでは、直近の日本経済新聞社「企業が選ぶ弁護士ランキング」データ関連部門1位を獲得された、情報・セキュリティ関連分野に深くご精通されている牛島総合法律事務所の影島広泰弁護士をお招きし、改正法の概要や企業の実務に影響を与えるポイントをいくつかのテーマ毎に詳しく解説いただきます。またセミナー後半では、昨今のコロナウイルス感染拡大に伴い急速に普及した“テレワーク”についても、情報・セキュリティの観点からその留意点についてお話をいただきます。
大変貴重な機会ですので是非ともご参加を賜り、今後の取り組みにご活用いただければ幸いです。

 

◆改正個人情報保護法の概要と主なポイント
 ・「不適正な利用の禁止」と「個人情報の処理の方法の公表」
 ・開示の電子化、および利用停止、削除、第三者提供の停止
 ・「個人関連情報」概念の新設と、提供先において個人データとなることが想定される場合の同意取得
 ・仮名加工情報
 ・その他
◆ テレワークにおける留意点
 ・自宅に書類・データを持ち帰る際の、営業秘密としての管理
 ・テレワークにおける個人データの安全管理措置
 ・テレワークのサイバーセキュリティのポイント
 ・テレワークのための就業規則

ENGLISH SITE