• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士が執筆した、土壌汚染の報告・調査義務が生じる場合と義務を負う者に関する記事が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

2020.8.21 | 著作・論文・記事等

「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士が執筆した「土壌汚染の報告・調査義務が生じる場合と義務を負う者 – 2019年改正土壌汚染対策法対応」と題する記事が掲載されました。
 
1. 土壌汚染対策法の改正
2. 土壌汚染対策法上の土壌汚染調査・報告義務を負う場合
 (1) 土壌汚染調査・報告義務を負う場合
 (2) 土地の形質変更を行う者による土壌汚染調査・報告義務(土壌汚染対策法4条調査)
 (3) 条例などで土壌汚染調査が必要となる場合
3. 土壌汚染調査・報告義務を負う者(原則)
 (1) 原則として土地所有者が義務を負う
 (2) 土地を共有している場合には共有者全員が義務を負う
4. 土地所有者以外が土壌汚染調査・報告義務を負う場合
 (1) 土地の賃借人・借地人
 (2) 土地に設定した担保権の権利者
 (3) 土地区画整理事業の施行者
 (4) 不動産証券化対象地の管理処分権者
5. 都条例で土壌汚染調査・報告義務を負う場合
 (1) 都条例116条の有害物質取扱事業者
 (2) 都条例117条の土地の改変者
 

https://www.businesslawyers.jp/articles/814

ENGLISH SITE