• expand2022
  • expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士が、海外・国内の子会社・グループ会社の不祥事対応・予防に関する講演を行いました。

2021.12.24 | 講演・セミナー

猿倉健司弁護士が「海外・国内の子会社・グループ会社の 不祥事対応・予防の実務〜海外拠点の不正調査と内部通報制度〜」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 金融財務研究会

日時: 2021年12月24日 (金) 13:30〜16:30

会場: Zoom開催

講師: 弁護士 猿倉 健司

 

◆Zoomセミナー◆海外・国内の子会社・グループ会社の 不祥事対応・予防の実務
〜海外拠点の不正調査と内部通報制度〜

近時、海外子会社や国内外のグループ会社で発生する不祥事が数多く見られます。しかしながら、海外子会社・グループ会社で発生する不祥事には、国内本社での不祥事とは異なる特殊性があり、その予防も必ずしも容易ではありません。また、会社としてどこから手を付けていいのか、誰に何を相談すべきなのか分からないということも多いように思われます。
本セミナーでは、具体的な不祥事実例をご紹介し、どのような問題が生じうるのか、不正発覚後にどのような対応をとるべきか、現在の体制をどう見直すべきかについて解説します。

 
1.子会社・海外拠点での不祥事例(近時の実例)
   ① 海外子会社での横領・会計不正
   ② データ偽装(製品・食品で共通)
2.子会社・海外拠点の不正調査
   会社は何をすべきか、誰に何を依頼すべきか
3.国内・海外規制当局への対応
4.子会社・海外拠点での不正の原因分析
   ① 子会社・関連会社不祥事の特殊性
   ② 海外不祥事の特殊性
   ③ 不祥事予防のプリンシプル(不祥事予防に向けた取組事例集)のヒント
   ④ グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針のヒント
5.子会社・海外拠点の不祥事予防
   ① 不正の早期発見のための方策
   ② グローバル内部通報制度(どのように検討を進めればよいのか)
   ③ 子会社・海外拠点の内部監査の検討
6.子会社買収後の内部統制について留意すべきポイント

ENGLISH SITE