• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

影島広泰弁護士が、みずほ総合研究所のセミナーにおいて、秘密保持契約(NDA・CA)の基本と契約条項をめぐる実務の要点に関する講演を行いました。

2019.9.2 | 講演・セミナー

影島広泰弁護士が「秘密保持契約の基本と契約条項をめぐる実務の要点」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: みずほ総合研究所

日時: 2019年9月2日(月)13:00~17:00

会場: みずほ総合研究所 セミナールーム

講師: 弁護士 影島 広泰
 
自社の情報・ノウハウを守るために必須の

秘密保持契約の基本と契約条項をめぐる実務の要点

法的ルールを整理して再確認し、秘密保持契約書や取引基本契約書、誓約書等の具体的な条項例に基づいて、契約書レビューのポイントを解説

 

自社の情報を取引先に提供したり、取引先から提供を受けたりする際に、情報やノウハウを守るためには、秘密保持契約書(NDA・CA)を締結すること一般的ですが、相手方との交渉や、契約書や誓約書をいつ取得し、条項のどの部分をどのようにレビュー・修正すればよいかなど、実務上の悩みは尽きません。本セミナーでは、他社に提供した情報が保護されるための法的な要件(不正競争防止法の営業秘密、限定提供データ)や法律上の義務(個人情報保護法)について整理した後、秘密保持契約書や各種契約内の秘密保持条項の具体的な条項例に基づいて契約書レビューのポイントを解説します。また、自社の情報を守るために必要な従業員等との秘密保持契約書などについても具体的な条項例に基づいて解説します。【サンプル契約書をご提供】

 

【講義内容】
1.情報の提供・開示と秘密の保持に関する法的なルール
(1)不正競争防止法の「営業秘密」
(2)不正競争防止法の「限定提供データ」
 ・営業秘密とまではいえないものを保護するために
(3)著作権等の知的財産権
(4)個人情報保護法
2.秘密保持契約(NDA・CA)の条項のポイント
(1)交渉のスタンスとポイント
(2)条項例とポイント
 ①秘密情報の定義
 ②目的外利用・複製の禁止
 ③情報の破棄・変換
 ④報告・監査
 ⑤損害賠償
 ⑥差止め
 ⑦有効期間
3.情報の提供・開示に関する契約条項のポイント
(1)基本契約の契約条項
 ①秘密保持に関する条項
 ②個人情報に関する条項
(2)取引の際の個別契約の契約条項
 ①ノウハウを守るための条項
 ②営業秘密として保護するための条項
 ③限定提供データとして保護するための条項
4.従業員からの秘密保持誓約書・就業規則
(1)就業規則のポイント
(2)誓約書の留意点
(3)派遣社員はどうするか
5.【演習】秘密保持契約の契約条項をレビューしてみる
(1)秘密保持契約のサンプル条項を題材としたレビューと修正
(2)講師による解説

ENGLISH SITE