• expand2021
  • expand2020
  • expand2019
  • expand2018
  • expand2017
  • expand2016
  • expand2015
  • expand2014
  • expand2013
  • expand2012
  • expand2011
  • expand2010
  • expand2009
  • expand2008
  • expand2007
  • expand2006
  • expand2005

猿倉健司弁護士が、不動産取引・M&Aをめぐる環境汚染・廃棄物リスクと法務に関する講演を行いました。

2021.9.13 | 講演・セミナー

猿倉健司弁護士が「不動産取引・M&Aをめぐる環境汚染・廃棄物リスクと法務」と題する講演を行いました。

 

講演の概要は以下の通りです。

 

主催: 金融財務研究会

日時: 2021年9月13日 (月) 9:30〜12:30

会場: Zoom開催

講師: 弁護士 猿倉 健司

 

◆Zoomセミナー◆不動産取引・M&Aをめぐる環境汚染・廃棄物リスクと法務

〜近時の紛争実例・相談事例に基づく具体的な解説〜
 
近時の不動産取引・M&Aでは、対象不動産に環境汚染や廃棄物、地盤不良等が発覚することにより、売買当事者間やその他の関係者との間で紛争に発展し、数十億円に及ぶ多額の損失を被ることもあるほか、自治体等から指導等を受けるケースもよくみられます。本セミナーでは、近時のトラブル・紛争実例について解説の上で、デューディリジェンス、自治体対応、契約条項の修正を行う上での留意点について、実務的な観点から解説します。
 
第1 関連紛争の増加・賠償額の高額化(近時のトレンド)
第2 不動産取引・M&Aにおける環境リスク
 1.土壌汚染(特定有害物質・ダイオキシン類・油分 等)
 2.廃棄物(PCB廃棄物・アスベスト廃棄物・建設汚泥)
 3.地中障害物・地下埋設物
 4.地盤不良(基礎不良・大地震による液状化)
第3 売買契約当事者間以外との紛争類型
第4 近時のリスクを踏まえた実務対応のポイント
 1.デューディリジェンスの留意点
 2.契約交渉・契約条項の留意点
  ・ 損害賠償、修補追完、解除
  ・ 契約不適合責任の制限特約、現状有姿売買
  ・ 表明保証、調査対策
 3.地方自治体や行政対応の留意点
 4.役員の賠償リスクと留意点
 
参考文献
「不動産取引・M&Aをめぐる 環境汚染・廃棄物リスクと法務」(清文社、2021年7月)
「不動産業・建設業のための改正民法による実務対応」(清文社、2019年5月)

ENGLISH SITE