〒100-6114
東京都千代田区永田町2丁目11番1号
山王パークタワー12階(お客さま受付)・14階

東京メトロ 銀座線:溜池山王駅 7番出口(地下直結)

東京メトロ 南北線:溜池山王駅 7番出口(地下直結)

東京メトロ 千代田線:国会議事堂前駅 5番出口 徒歩3分

東京メトロ 丸の内線:国会議事堂前駅 5番出口
徒歩10分(千代田線ホーム経由)

スペシャル・カウンセル

柳田 忍

Shinobu Yanagita

TEL 03-5511-3236 / FAX 03-5511-3258

弁護士へのお問い合わせ
プロフィールを印刷
使用可能な言語
日本語、英語
登録
第二東京弁護士会

略歴

2000
北海道大学法学部卒業
2005
弁護士登録(第58期)、当事務所入所
2018
当事務所スペシャル・カウンセル就任

受賞歴

The Best LawyersTM in Japan 2022のLabor and Employment Law部門において選出(2021年4月)
The Legal 500 Asia Pacific 2021のLabour and Employment部門(independent local firms)において紹介(2021年1月)
The Best LawyersTM in Japan 2020のLabor and Employment部門において選出(2019年4月)
The Legal 500 Asia Pacific 2019のLabour and Employment部門(independent local firms)において紹介(2019年1月)

主な取扱案件

労働

人員削減・退職勧奨
M&A・統合・組織再編に伴う人事労務
懲戒処分・ハラスメント
競争企業間の移籍問題、競業避止義務違反

M&A・敵対的買収

国内企業同士のM&A
日本企業による外国企業の買収
王子製紙の北越製紙に対する敵対的買収

税務

多国籍企業の日本法人の訴訟にかかるアドバイス
TMKに関する税務調査にかかるアドバイス

不動産

不動産売買・賃貸借に関するアドバイス及び訴訟対応
取得不動産に関するデューディリジェンス

非上場会社の経営権の承継

非上場会社の経営権を巡る紛争

国際離婚

国際離婚・財産分与事件への対応
View All
CLOSE

著作

「-不動産証券化ビジネスにおける-新しい不動産特定共同事業法の実務対応」(共著、大成出版社、2014年)
「不動産ビジネスのための金融商品取引法入門」(共著、ビーエムジェー、2006年)

論文・記事等

「改正公益通報者保護法のポイントと実務対応(前編) 内部公益通報対応体制整備義務の対応」(BUSINESS LAWYERS・2022年5月13日)
「改正公益通報者保護法のポイントと実務対応(前編)制度概要と従事者の定めへの対応」(BUSINESS LAWYERS・2022年5月9日)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第21回】『社員にワクチン接種を勧奨する場合の注意点』」(Profession Journal No. 448)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第20回】『LGBTに対するハラスメント及びLGBTの髪型や服装に対する制約にかかる法的問題点』」(Profession Journal No. 444)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第19回】『セクハラと社内恋愛の見分け方』」(Profession Journal No. 440)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第18回】『改正公益通報者保護法とハラスメント』」(Profession Journal No. 435)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第17回】『虚偽の被害申告への対応策』」(Profession Journal No. 431)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第16回】『ワクチンハラスメントに関する注意点』」(Profession Journal No. 427)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第15回】『ハラスメントの目撃者等の協力が得られないまま加害者の処分を行う場合のリスク』」(Profession Journal No. 423)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第14回】『マタハラの「被害者」と周囲の労働者との調整を図るうえでの留意点』」(Profession Journal No. 419)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第13回】『不倫がセクハラに発展した場合の注意点』」(Profession Journal No. 414)
「名古屋地判令2.10.28にみる 定年後再雇用者の基本給・手当に対する判断と実務対応策」(ビジネス法務2021年5月号)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第12回】『オンライン会議時に常にカメラをオンにするよう命令したらリモートハラスメントに該当するのか』」(Profession Journal No. 410)
「改正公益通報者保護法のポイントと実務対応」(BUSINESS LAWYERS・2021年2月19日)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第11回】『退職勧奨の実施はパワハラに該当するのか』」(Profession Journal No. 406)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第10回】『ハラスメントの事前防止策と再発防止策』」(Profession Journal No. 402)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第9回】『加害者からの請求及び仮の地位を定める仮処分』」(Profession Journal No. 398)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第8回】『被害者からの請求に関する裁判上の紛争手続における留意点』」(Profession Journal No. 394)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第7回】『被害者からの請求及び裁判外の紛争解決手続における留意点』」(Profession Journal No. 389)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第6回】『ハラスメントの事実認定と加害者の処分等における留意点』」(Profession Journal No. 385)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第5回】『事実調査における証拠の収集と事情聴取の留意点』」(Profession Journal No. 381)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第4回】『相談窓口の運用と発覚後の初期対応』」(Profession Journal No. 377)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第3回】『コロナハラスメントとその対応策』」(Profession Journal No. 373)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第2回】『ハラスメント事件の発覚から終結に至るまでの鳥瞰図』」(Profession Journal No. 369)
「ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応 【第1回】『代表的なハラスメントの定義とその特徴』」(Profession Journal No. 364)
「実務に役立つ法律基礎講座(30)-守秘義務」(共著、月刊労政時報第3931号同梱付録)
「『同一労働同一賃金』の原則は日本の雇用慣行を変えるか-定年前の賃金を定年後再雇用により引き下げたことを違法と判断した東京地裁平成28年5月13日判決が突きつけたもの-」(月刊ザ・ローヤーズ2016年8月号(ILS出版))
「租税条約上サービスPE規定を持つ国でビジネスを行う場合の留意点-中国、タイ、ベトナム、インドネシアなど」(月刊ザ・ローヤーズ2015年4月号(ILS出版))
View All
CLOSE

セミナー実績

「近時の法改正・判例を踏まえたコロナ禍での実務対応」(東京都情報産業協会・2021年2月24日)
「スポーツ環境におけるハラスメントの傾向と対応策」(公益財団法人日本オリンピック委員会・2019年1月25日)
「パワハラ セクハラ等 『ハラスメント』から会社と社員を守る方法」(税務研究会・2018年7月23日)
「改正労働者派遣法への実務対応」(株式会社労務行政・2018年6月11日)
「労働者派遣法への対応」(東京都情報産業協会・2018年1月29日)
「組合の課税関係に係る近時の判例の検討」(TITLC (Tokyo International Tax Lawyers Club)・2014年2月18日)

お知らせ・ニュース

影島広泰・柳田忍が公益通報者保護法についての講演を行いました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、退職者による機密情報持出し・漏えいへの対応策に関する記事が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

ワクチンハラスメントに関する柳田忍弁護士のコメントがThe Japan Timesほかに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

ワクチンハラスメントに関する柳田忍弁護士のコメントが北日本新聞ほかに掲載されました。

ワクチンハラスメントに関する柳田忍弁護士のコメントが中日新聞ほかに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

影島広泰弁護士・柳田忍弁護士が執筆した書籍(共著)が刊行されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

The Best Lawyers™ in Japan 2022で高い評価を受けました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、定年後再雇用者の基本給・手当に対する判断と実務対応策に関する論文がビジネス法務に掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

影島広泰弁護士・柳田忍弁護士が、近時の法改正・判例を踏まえたコロナ禍での実務対応に関する講演を行いました。

山内大将弁護士・柳田忍弁護士が執筆した、改正公益通報者保護法のポイントと実務対応に関する記事が「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

The Legal 500 Asia Pacific 2021で高い評価を受けました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が執筆した、ハラスメント発覚から紛争解決までの企業対応に関する連載記事がProfession Journalに掲載されました。

柳田忍弁護士が「パワハラ防止義務の法制化を踏まえた『ハラスメント』から会社と社員を守る方法」について講演しました。

Best Lawyers 2020で高い評価を受けました。

柳田忍弁護士が、公益財団法人日本オリンピック委員会においてナショナルコーチ等・専任コーチ等向けにハラスメントに関する講演を行いました。

柳田忍弁護士が、公益財団法人日本オリンピック委員会においてナショナルコーチ等・専任コーチ等向けにハラスメントに関する講演を行いました。

The Legal 500 Asia Pacific 2019で高い評価を受けました。

View All
CLOSE