石田哲也

 

略歴

2007
慶應義塾大学法学部卒業
2009
慶應義塾大学法科大学院修了
2010
弁護士登録(第63期) 、当事務所入所
2015
金融庁
検査局総務課専門検査官(経営管理等モニタリングチーム、法令遵守等モニタリングチーム等)、総務企画局マクロプルーデンス総括参事官室参事官補佐、総務企画局政策課金融行政モニターサポートスタッフ、及び法令等遵守調査室 等併任
2018
米国コロンビア大学ロースクール修了(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar)
牛島総合法律事務所で実務再開
2019
ニューヨーク州弁護士登録

 

登録

第二東京弁護士会
ニューヨーク州弁護士

 

連絡先

TEL: 03-5511-3227
FAX: 03-5511-3258
tetsuya.ishida@ushijima-law.gr.jp

主な取扱案件

コーポレートガバナンス/一般企業法務/コンプライアンス

  • コーポレートガバナンス・コード対応等
  • 公益通報(内部通報)の処理等
  • 上場企業が抱える様々な法律関係に関するアドバイスの実施

金融関連規制/ Fintech

  • 各種業法対応(ガイドライン等も含む)
  • 金融機関のコンプライアンス・リスク管理
  • 金融機関に関する国際的なコーポレートガバナンスのルール作り
  • 金融制度の検討等

M&A/敵対的買収

  • 合弁企業の設立
  • 同業種間の企業再編にかかわるM&A
  • スクイーズ・アウト

危機管理/不祥事対応

  • 過年度決算の訂正にかかわる調査対応
  • 会計不祥事対応
  • 金商法違反事件への対応
  • スポーツ団体における不祥事対応

会社関係訴訟/仲裁

  • 株式買取価格決定申立事件
  • M&A関連訴訟
  • 取締役の責任追及事件等

著作・論文・記事等

「International Fintech Guide」(共著、Multilaw、2019年
「【連載】近時の不祥事ケースと危機管理・リスク予防: 第6回 免震・制震製品のデータ偽装事案から考える、不正発覚後の対応・再発防止策策定のポイント」https://business.bengo4.com/articles/562)(BUSINESS LAWYERS・2019年7月1日)
「【連載】近時の不祥事ケースと危機管理・リスク予防: 第5回 免震・制震製品のデータ偽装事案から考える、不正の早期発見と調査等のポイント」https://business.bengo4.com/articles/561)(BUSINESS LAWYERS・2019年6月26日)
「ガバナンス・コード等の要求にどう応えるか-『コンプライ・オア・エクスプレイン』への対応-」(月刊ザ・ローヤーズ2015年8月号(ILS出版))

講演・セミナー等

「マネロン・テロ資金供与対策におけるリスク管理」(日本金融通信社、協賛Thomson Reuters 2020年7月22日)

「金融機関のコンプライアンス・リスク管理とマネロン事例分析及び求められる対応」(Thomson Reuters 2020年6月18日)

ENGLISH SITE